ローヤルゼリーが睡眠を快適にする理由

健康食品として人気のローヤルゼリーですが、その意外な効用のひとつとして「朝の目覚めと夜の寝つきが良くなった」という声が多く挙がることをご存知でしょうか。理由はローヤルゼリーに含まれる豊富な栄養成分に秘密があります。詳しく解説していきましょう。

ローヤルゼリーの栄養成分が自律神経に作用する

自律神経は、心拍数の調節をはじめとした内臓の働き、発汗、血流などをコントロールするのが仕事です。
おもに昼間、体が活発に活動している時に働く交感神経と、心身を休め、回復させるために睡眠や休憩時などリラックスしている状態の時に働く副交感神経からなっています。

ストレスや不規則な生活などで、交感神経を必要以上に高ぶらせてしまうと、交感神経と副交感神経とのバランスが崩れ、自律神経の働きの乱れをきたし、不眠や倦怠感、動悸、肩こり、頭痛などの症状をもたらします。

ローヤルゼリーには、こうした症状を和らげる働きがあります。そもそもローヤルゼリーは、女王バチのためにミツバチが花粉などからつくる栄養食です。ビタミン、ミネラル、アミノ酸、そしてローヤルゼリーだけに含まれる特有成分など、40種類以上の栄養がぎっしり詰まっています。
バランスのとれたそれらの成分が自律神経に働きかけ、体の不調を整えていくのです。

ローヤルゼリーをとるようになって睡眠の質が改善されたという声が多いのは、ローヤルゼリーに含まれる成分によって自律神経のバランスを整える作用が働いているためです。

更年期障害からくる不眠にも

女性特有の不快な症状である更年期障害も、自律神経の乱れから引き起こされます。加齢により自律神経に働きかけるホルモンの分泌量が減ることで、自律神経に混乱が生じ、不眠やイライラ、倦怠感といった症状が引き起こされるのです。
そこで、ローヤルゼリーに含まれる特有成分である「デセン酸」が役立ちます。

デセン酸が女性ホルモンに似た働きをして、自律神経の乱れを整えていくことで、更年期障害による不眠を解消していきます。
このほかにも、ローヤルゼリーには、深い睡眠に関わりのあるビタミンのひとつ「アセチルコリン」も含まれています。

まとめ

ローヤルゼリーが、生活習慣病や更年期障害などの予防や軽減に役立つことは広く知られています。それは、ローヤルゼリーに含まれているさまざまな栄養成分が、人間が本来持っている健康になろうとする力を引き出しているからといえるでしょう。ローヤルゼリーに睡眠の質を高める力があることもそのひとつです。ふだんの生活から、ローヤルゼリーの成分を摂り続けて、健康な毎日をお過ごしください。

トップに戻る