ローヤルゼリーで鉄分補給

貧血の予防や改善にローヤルゼリーが有効であることはご存じでしょうか。貧血の主な原因は鉄分やビタミンB12の不足ですが、ローヤルゼリーにはそれらの成分が含まれているのです。とくに、鉄分はカルシウムと並んで不足しがちな栄養素です。しかも、貧血の解消だけではなく、身体を使う人の筋肉づくりに欠かせない成分です。鉄分とローヤルゼリーの関係について詳しく解説します。

鉄分の重要性

鉄分は、血液に含まれるヘモグロビンの成分として、肝臓、ひ臓、骨髄などに貯えられる「貯蔵鉄」として、筋肉づくりをサポートする成分としてなど、私たちの身体の中でさまざまな役割を果たしています。いずれも重要で私たちが生きていくためには欠かせないものです。
鉄分が不足すると、貧血を引き起こします。貧血とは、血液中のヘモグロビン濃度が基準値よりも少なくなっている状態です。
血液中のヘモグロビンは、酸素を身体中に運ぶのが役目ですから、ヘモグロビンが少ないと身体のすみずみに酸素をしっかり送れなくなってしまいます。そのため、めまいや動悸、息切れといった症状を引き起こしてしまうのです。
しかし、血液中の鉄分が不足してもすぐに貧血になるわけではありません。鉄分が不足すると、先ほどの「貯蔵鉄」から不足分が補われることになります。この貯蔵鉄が不足すると、血液中に鉄分が補充されなくなり、ついには貧血になるというわけです。そうなる前に、鉄分を身体に取り入れ、血液をつくることが大切です。

貧血解消のための有用成分は鉄分とビタミン

血液をつくるには、鉄分をはじめ、たんぱく質、ビタミンなどが必要です。血液中のヘモグロビンは鉄分とたんぱく質からつくられています。貧血には鉄分を摂るとよいといわれるのはここからきています。ローヤルゼリーは、血や筋肉のもととなる鉄分やたんぱく質を豊富に含んでいます。さらに、ビタミンB12をはじめとしたビタミンB群など、血液をつくるための重要な成分がバランスよく含まれています。

身体を動かす人には鉄分を

鉄分は、筋肉をつけるためにも重要な役割を果たしています。とくに、身体を激しく動かす人や成長期の子どもには欠かせない栄養素です。激しい運動をすると、酸素を多く消費し、酸素を身体中に行き渡らせるために血液が必要になります。しかし、汗をかくことで鉄が排出されやすくなっているため、鉄分をはじめとしたミネラルの補給が大切になってくるのです。

まとめ

女性の鉄分不足は深刻で、女性のほぼ半数は鉄分不足といわれています。しかし、通常の血液検査の結果にはあらわれにくく、健康診断などで鉄分不足を指摘されることは少ないため、「かくれ鉄不足」が多いのが現状です。ローヤルゼリーには鉄分が含まれるため、女性はもちろん、身体を動かして筋肉が必要な人、成長期の子どもの栄養サポートとして最適な健康食品です。家族のサプリメントとして、常備しておきましょう。

トップに戻る