ローヤルゼリーとプラセンタ、その共通点を探ろう

ローヤルゼリーとプラセンタは、どちらも美容と健康に効果のあるサプリメントして人気があります。それぞれの特長を比べながら、具体的な効能について詳しく見ていきましょう。

おもに美容に活かされる胎盤エキス「プラセンタ」

プラセンタは、肌の保湿を促す化粧品の原料や美容外科でエイジングケアとして注射する成分などに使われています。プラセンタとは「胎盤」のことで、アミノ酸、ビタミンB1、B2、B6、B12、ビタミンD、ナイアシン、カルシウム、カリウム、亜鉛、鉄、酵素、核酸、ヒアルロン酸、コンドロイチンなど、さまざまな栄養成分が豊富に含まれています。哺乳類の動物は出産後に胎盤を食べることから、胎盤には不思議な力が宿ると考えられ古くから利用されてきました。

プラセンタの効能について

上記の豊富な栄養成分が作用することで発生する効能は、肌荒れの改善、肌の保湿、アンチエイジングなど、美容効果が目立ちますが、健康面での効果もたくさんあります。疲労回復、アトピー性皮膚炎の改善、ホルモンバランスや自律神経の調整による更年期障害の症状緩和、うつ病や不眠症の解消など、あらゆる面で健康に寄与することが確認されています。

40種類以上の栄養成分が含まれる「ローヤルゼリー」

ローヤルゼリーは、ミツバチが花粉や自らの分泌液で生成する栄養食です。ビタミン、ミネラル、アミノ酸など40種類以上もの栄養成分を含有しています。その中でも、デセン酸、類パロチン、ビオプテリン、ロイヤラクチンといったローヤルゼリーだけに含まれる特有成分があり、健康面でも美容面でも有用性が認められています。
健康食品をはじめとして、スキンケア製品や栄養ドリンク、石けん、キャンディなど、さまざまなローヤルゼリー製品があります。

ローヤルゼリーの効能について

まず健康面では、滋養強壮、疲労回復、免疫力向上、生活習慣病の予防、認知症予防、性機能の向上、ホルモンバランスの調整や自律神経の調整による更年期障害の症状緩和、うつ病や不眠症の解消、ストレスの緩和、集中力アップなどがあげられます。美容面でも、肌荒れの改善、肌の保湿、アンチエイジング、抗酸化作用などの効果があります。

まとめ

プラセンタとローヤルゼリーの効能を比べると、共通する点が多くあります。どちらも、美容と健康に必要な栄養成分が多く含まれていて、性別を問わず中高年世代の力強い味方となってくれるでしょう。ローヤルゼリーにプラセンタを組み合わせたサプリメントもあり、その相乗効果に注目が集まっています。アレルギー反応に気をつけて、自分の体に合ったものを選ぶことが大切です。

トップに戻る