女性ホルモンを整えるローヤルゼリーの働きとは?

無理なダイエットや不規則な生活、ストレスなどが気になって、なんとなく体調がすぐれないという女性は多いようです。そんなときは、ホルモンバランスの乱れを疑ってみるのがいいかも知れません。女性の場合は特に、ホルモンが原因で体調不良に陥ることが多いのです。ホルモンバランスの乱れは、慢性の倦怠感やうつ状態、生理不順、生理痛が酷くなるといった症状を引き起こします。そうなる前に、ローヤルゼリーを試してみてください。ローヤルゼリーには、女性ホルモンを整えるための有用成分がたくさん含まれているのです。

ミツバチの栄養食、ローヤルゼリー

そもそもローヤルゼリーとは、どんなものなのでしょうか。それは、ミツバチがつくる栄養食で、女王バチだけが食べられる特別な食事です。生涯ローヤルゼリーだけを食べて過ごす女王バチは、ハチミツと花粉だけで過ごす働きバチとは異なり、一生の間に毎日1500~2000個もの卵を産み続けることができます。ローヤルゼリーのおかげで、体長は働きバチより数倍以上大きく、寿命は働きバチの30~40倍も長生きするなど、驚異的な生命力を手に入れるのです。「ローヤル」とは、ROYAL=「王の」「王室の」という意味で、ローヤルゼリーの名称はここからきています。ハチミツの加工品、ハチミツの最高級品などと誤解されていることもありますが、まったく異るものです。

ローヤルゼリーに含まれている有用成分とは?

ローヤルゼリーは、パーフェクトフードとも呼ばれています。それは、ビタミン(B1、B2、B6、葉酸など)、ミネラル(カルシウム、亜鉛、鉄分など)、人が体内だけで合成することができずに、食品として摂取する必要のある9種類の必須アミノ酸など、健康に良いとされる成分が豊富に含まれているからです。それらの中でも特に注目していただきたいのが、女性ホルモンを整える上で大切な働きをするデセン酸です。このデセン酸は、女性ホルモンのひとつ、エストロゲンと同じような働きをすることができるのです。ではこのエストロゲンが減少するとどうなるのでしょう。

エストロゲンの減少がもたらすこと

加齢とともにエストロゲンは減少していきます。40~50代から減少し、それにより更年期障害と呼ばれる体調不良が見られるようになります。自律神経も乱れた状態になり、発汗、ほてり、のぼせ、情緒不安定などの症状がでやすくなるのです。もちろん、個人差もあり、生活習慣が影響していることも見逃せません。無理なダイエットや不規則な生活をやめ、ストレスの緩和ができれば、エストロゲンの減少をゆるやかにし、不快な症状の改善が期待できます。また、炭水化物、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく摂取することも大切です。さらに、ホルモン分泌量は睡眠時にピークを迎えます。規則的な生活を心がけ、ぐっすり眠って、しっかり疲れをとるために、入浴やストレッチなどでリラックスする時間も必要です。とはいっても、そう理想通りの生活を送ることはむずかしいものです。だからこそ、ローヤルゼリーがおすすめなのです。デセン酸を含む豊富な栄養素と、体の中へ補給しましょう。

まとめ

ローヤルゼリーには、女性ホルモンの働きを助けるデセン酸をはじめ、必須アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど、たくさんの栄養素が含まれています。それらの成分がお互いに働きかけることによって、女性ホルモンの乱れからくるさまざまな体調不良を解消します。デセン酸が含まれる高品質なローヤルゼリーを見極めてください。いつまでも若々しい身体で健康な毎日を過ごすために、体調が悪くなる前から、ローヤルゼリーをはじめましょう。

トップに戻る