冷え性の改善にローヤルゼリーが効果的なのはなぜ?

冬の寒い時期はもちろんのこと、一年中「手足が冷たくてなんだか寒い!」とか「顔がほてってるけど下半身が寒い!」とか「ふだんから体温が低くていつも寒い!」など、冷え性でお悩みの女性は多いです。男性でも中高年になると、冷え性で悩んでいる人も意外と多いようです。そんな冷え性の改善には、ローヤルゼリーが効果的であることをご存知でしょうか。では、なぜローヤルゼリーが冷え性の改善に効くのかを解説していきましょう。

そもそもローヤルゼリーってなに?

ローヤルゼリーとは、ミツバチがつくる栄養食です。女王バチだけが食べられる特別な食事で、生涯ローヤルゼリーだけを食べて過ごす女王バチは、働きバチよりも数倍大きく、寿命も働きバチの30~40倍も長生きします。さらに、一生の間に毎日1500~2000個もの卵を産み続けます。
そんな驚異的な生命力を支えるのが、ローヤルゼリーです。「ローヤル」とは、ROYAL=「王の」「王室の」という意味で、ローヤルゼリーの名称はここからきています。ハチミツの加工品、ハチミツの最高級品などと誤解されていることもありますが、実はまったく異なるものなのです。

ローヤルゼリーにはどんな栄養素が含まれているの?

ローヤルゼリーは、パーフェクトフードと呼ばれているほど栄養の宝庫です。中でも、人が体内だけで合成することができずに、食品として摂取する必要のある必須アミノ酸が9種類も含まれています。さらに、ビタミン(B1、B2、B6、葉酸など)、ミネラル(カルシウム、亜鉛、鉄分など)なども含まれ、栄養価の高い食品であるということがわかります。

冷え性とローヤルゼリーの密接な関係

主な冷え性の原因として、血行不良があげられます。血行が悪くなると、血液が体の末端にまで行き渡らないため、特に手や足に冷えを感じるというわけです。
しかし、人によって原因が異なる場合も多く、自律神経の乱れという原因の特定がむずかしい症状が組み合わさって影響していることもあります。
また冷え性は、寒く感じることからくる不眠、肩こり、便秘やだるさ、疲労感といった体への影響だけでなく、集中力や注意力の低下など、精神的にも影響を与えます。
冷え性を改善するには、しっかりと栄養を摂取し、体の中から自律神経とホルモンバランスを整えていくことが近道です。そこで、ローヤルゼリーに含まれる栄養が大切になってくるのです。

ローヤルゼリーの豊富な栄養がポイント

ローヤルゼリーだけに含まれるデサン酸という成分は、自律神経を整える効果があるとされています。血管の収縮をつかさどる自律神経に働きかけ、血流をスムーズにするため、冷え性に役立つのです。また、ローヤルゼリーに含まれる数々の必須アミノ酸やビタミンが、貧血解消をはじめホルモンバランスを整え、体の中から冷え性に負けない体質へと導く役目を果たします。血流改善だけではなく、あらゆる角度から体へ働きかけ、体を強くし、冷えの予防をしてくれるのです。

まとめ

ローヤルゼリーには、必須アミノ酸をはじめ、たくさんの栄養素が含まれています。それらの成分がお互いに働きかけることによって、冷えの原因を根本から改善し、予防できる強い体へと導いていきます。もちろん、日ごろから適度な運動とバランスの良い食事も大切です。しっかりとローヤルゼリーと食事で栄養を摂って、女王バチのような健康で丈夫な体をめざしましょう。

トップに戻る