ローヤルゼリーに含まれるイソロイシン

ミツバチが花粉などからつくるローヤルゼリーは、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など、豊富な栄養成分が含まれています。今回は、その成分の中でも「イソロイシン」という筋肉づくりに欠かせないアミノ酸の一種についてご紹介していきます。

アミノ酸について

アミノ酸は、私たちの体の16~20%を占めるタンパク質を構成している成分です。筋肉や消化管、内臓、髪、皮膚など、私たちの体は、20種類のアミノ酸から構成されています。このアミノ酸のうち9種類(ロイシン、リジン、バリン、イソロイシン、フェニルアラニン、スレオニン、ヒスチジン、メチオニン、トリプトファン)は「必須アミノ酸」と呼ばれています。必須アミノ酸とは、体内で合成することができず、食事によって摂取しなければならないもので、ローヤルゼリーにはこの必須アミノ酸がすべて入っています。必須アミノ酸のうち、カラダのたんぱく質を増やす働きや運動時のエネルギー源として重要な役割を果たすのが、バリン、ロイシン、そして「イソロイシン」です。この3種類をまとめて「BCAA(分岐鎖アミノ酸)」と呼び、スポーツドリンクやプロテインなどに配合されています。体を動かすときのエネルギー源として筋肉を鍛える人にとっては欠かせない成分です。

イソロイシンのはたらき

イソロイシンは、動かすエネルギー源として作用するばかりでなく、肝機能向上効果もあります。肝硬変が進行した肝臓は、BCAAが減少しています。このため、イソロイシンを含むBCAAを投与することでアミノ酸バランスが整い、肝機能の向上につながることがわかっています。また、 イソロイシン特有の効果として、神経の働きをサポートする役割があります。 伝達神経と呼ばれる部分を整えることで、判断力や反射速度の向上や集中力を高める効果があります。さらに、イソロイシンは体内に吸収した糖質を筋肉に取り込むことで、血糖値を健康な状態へと調節する働きがあります。糖尿病の予防にも有用な成分です。
イソロイシンが不足すると、筋肉組織の形成が妨げられることが考えられます。特に、成長期の子どもは身長の伸びなどに影響がでるおそれがあります。また、肝機能の低下や疲労回復の遅れを生じる可能性も否定できません。

まとめ

イソロイシンは、運動して筋肉を鍛える人ばかりではなく、糖尿病や肝臓機能が気になる中高年世代にも必要な成分です。ローヤルゼリーには、イソロイシンなどのアミノ酸をはじめ、豊富な栄養成分がバランスよく含まれています。ローヤルゼリーの摂取を習慣づけ、健康的な体づくりを始めましょう。

トップに戻る