高血圧にもローヤルゼリーがいい

40代に差し掛かってくるころから健康診断の結果が気になるという方も多いのではないでしょうか。若いころとは違って、体に衰えを感じ始める年ごろの生活習慣病は大敵です。中でも、高血圧はサイレントキラーとも呼ばれます。自覚症状がなく、そのまま放置してしまうと、心筋梗塞、脳卒中、動脈硬化などの病気を招く場合があります。
血圧が気になりだしたら、ローヤルゼリーをはじめてみませんか。
今回は、ローヤルゼリーに含まれている栄養成分が高血圧に与える影響についてお伝えします。

高血圧とは?

文字通り、血圧が高い状態を高血圧というのですが、たまに高くなるくらいなら、問題はありません。しかし、高い状態が続くと血管に無理な圧力がかかります。そのため、脳や心臓をはじめ、体のすみずみへと伸びる血管に負荷を与え続け、次第に血管が硬くもろくなります。これが動脈硬化です。
心臓や脳へとつながる血管が動脈硬化を起こすと、心不全や脳出血、脳梗塞の発生リスクが高まります。
高血圧の原因は、ストレス、喫煙、肥満、過労、運動不足、塩分の摂り過ぎなどです。高血圧を予防するには、まずこうした要因を取り除き、バランスの良い食事と適度な運動で汗を流し、ストレスを解消することが大切です。

血圧を調整するローヤルゼリー

ミツバチが花粉などからつくるローヤルゼリーは、豊富な栄養成分が詰まった天然の健康食品です。その栄養成分の中に血圧を調整する作用を持つ成分が含まれています。

そのひとつが「パンテトン酸」です。ビタミンBに含まれている成分で、血管をきれいにして、善玉コレステロールの合成を促します。また、ローヤルゼリーの特有成分である「デセン酸」にも、血圧を正常な状態に保つ働きと善玉コレストロールを増やす働きがあります。さらに、これらの栄養成分には、自律神経の乱れを整える働きがあります。血圧や体温、発汗などを司る自律神経を正常化することで、高血圧ばかりか、低血圧も改善していきます。

ビタミン、ミネラル、アミノ酸が相乗的に作用する

ローヤルゼリーには、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など、40種類以上の豊富な栄養成分が含まれています。これらの成分が体へ相乗的に働きかけることによって、高血圧をはじめとした生活習慣病の予防に効果を発揮します。また、ローヤルゼリーは、更年期障害や骨粗しょう症の予防、肩こりの改善など、中高年世代の健康な体づくりをサポートします。体が本来持つ健康を維持しようとする力を支え、体の根本から健康を目指したい人に最適なサプリメントです。

まとめ

ローヤルゼリーに含まれる豊富な栄養成分が、高血圧をはじめとした生活習慣病を予防します。ただし、ローヤルゼリーは医薬品ではないため即効性は期待できません。ふだんから偏った食生活を見直し、バランスの良い食事と適度な運動を心がけることが大切です。そして、ローヤルゼリーを毎日の習慣に取り入れ、いつまでも健康な体を維持しましょう。

トップに戻る