ローヤルゼリーの特有成分「デセン酸」について

ローヤルゼリーは、健康食品として高い人気を誇っています。その人気の理由は、ローヤルゼリーにビタミン、ミネラル、アミノ酸など、豊富な栄養成分が含まれているからです。

中でも、ローヤルゼリーの特有成分である「デセン酸」が注目を集めています。このデセン酸の含有量がローヤルゼリーの品質を左右するほど、貴重でしかも有用な成分なのです。このデセン酸が私たちの健康にどう役立っているのか、明らかにしていきます。

デセン酸とは?その効用は?

正式名称を「10-ヒドロキシデセン酸」といい、サラダオイルに含まれるリノール酸やオレイン酸などが属する「脂肪酸」の一種です。自然界ではローヤルゼリーにだけ含まれる特殊な栄養素で、「ローヤルゼリー酸」とも呼ばれています。ローヤルゼリーに含まれるたくさんの成分の中でも、特に貴重で大事な効果をもたらしてくれます。

更年期障害を改善する「エストロゲン様作用」

デセン酸は、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと同じような作用を持っています。そのため、ホルモンバランスの乱れによって引き起こされる更年期障害を軽減させることができます。

糖尿病予防に「インスリン様作用」

インスリンと同じような働きも持っていて、血液中の血糖値を低下させます。すい臓から分泌されるインスリンの働きが悪くなって起こる糖尿病の予防に役立つ成分として知られています。

肌荒れ、ニキビを改善する「皮脂調整」

皮脂の分泌を調整する効用があります。ホルモンバランスを整えるので、バランスの乱れからくる肌荒れを防ぎ、ニキビをできにくくします。また、乾燥肌にも脂性肌にも、適度に潤いを保つきれいな肌へ働きかけます。

血管をきれいにする「コレステロール低下」

血中コレステロールを低下させ、血管をきれいにすることで高血圧や動脈硬化など生活習慣病を予防します。また、血液をサラサラにする効果もあり、血液の循環が促されることで、冷え性、肩こりなどの症状を和らげます。

ローヤルゼリーの品質を決めるデセン酸の含有量

ローヤルゼリーの品質は、「一般社団法人全国ローヤルゼリー公正取引協議会」で厳しくチェックされています。デセン酸の含有量が100g中、生ローヤルゼリーで1.4%、乾燥ローヤルゼリーで3.5%、調整ローヤルゼリーで0.18%以上含まれることがローヤルゼリーとして認められる基準とされています。デセン酸がローヤルゼリーの品質の目安となっているのです。もちろん価格にも表れてきますので、ローヤルゼリー選びの基準として参考にしてください。

まとめ

ローヤルゼリーだけに含まれている「デセン酸」は、更年期障害や生活習慣病に役立つ有用成分です。このほかにも、アンチエイジングや若返りに効果がある「類パロチン」や、抗酸化作用のある「ビオプリテン」が含まれていて、健康面はもちろんのこと、美容の面でも効果があります。ミツバチがつくった天然の栄養成分を摂り続けて、健康な毎日をお過ごしください。

トップに戻る