ローヤルゼリーとDHA・EPAは相性がいい

ローヤルゼリーのサプリメントには、DHAとEPAが配合された製品があります。青魚に含まれ、頭がよくなるといわれているDHAとEPAですが、ローヤルゼリーと一緒に摂取すると、どんなメリットがあるのでしょう。

DHA・EPAとは?

サバやアジ、カツオ、イワシなど青魚の脂身に多く含まれる成分であるDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)は、必須脂肪酸といいます。私たちの健康に欠かせない成分ですが、体の中でほとんど生成することができません。
したがって、食事で摂取する必要があるのですが、食の欧米化が進み、魚を食べることが少なくなった影響で、不足がちの栄養素といえます。

DHAとEPAには、どんな作用があるのでしょうか。DHAは、脳の学習や記憶を司る海馬という部分に多く含まれています。DHAの補給により海馬の働きが活発化し、記憶力、集中力の向上、認知症の予防が見込めます。また、血液中のコレステロールや中性脂肪を抑え、血液をサラサラにする作用があります。DHAがサラサラ成分と呼ばれているのは、ここからきています。
EPAも、サラサラ成分と呼ばれています。血液の粘度を下げる働きがあるため、血栓を解消し、心疾患や脳梗塞など血液の詰まりが原因で起こる重篤な症状を予防する働きがあります。
DHAもEPAも、熱に弱く酸化しやすいのが特徴です。脂ののった新鮮な青魚の刺身がおいしく感じられるのは、体がDHA・EPAを欲しているからなのかもしれません。

ローヤルゼリーとの相乗効果

ローヤルゼリーは、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、そしてローヤルゼリーだけの特有成分である「デセン酸」など、豊富な栄養成分が詰まった天然の健康食です。こうした成分が、DHA・EPAと組み合わせた時にとても相性がいいのです。たとえば、ローヤルゼリーのビタミンB群とデセン酸には抗酸化作用があり、酸化しやすいDHA・EPAの酸化を抑えます。さらに、ローヤルゼリーには、DHA・EPAと同じように中性脂肪を抑え、コレステロール値を下げる働きがあります。同様の作用を持つ有用成分を複数摂取することで、相乗効果が得られるのです。

まとめ

ローヤルゼリーには、バランスの取れた40種類以上の栄養成分が詰まっています。DHA・EPAには、記憶力、集中力のサポート、血液をサラサラにする働きを持っています。この組み合わせは、まさに鬼に金棒といえるのではないでしょうか。特に、メタボが気になる方の生活習慣病の予防には、ローヤルゼリーとDHA・EPAを組み合わせたサプリメントをおすすめします。

トップに戻る