ローヤルゼリーはコレステロール値を低下させる

中高年と呼ばれる世代になると、若いころよりも健康に気を遣うことが増えてきます。健康診断の数値でも、血圧やコレステロール値が気になるという方も多いのではないでしょうか。中でもコレステロール値が高くなると、高血圧や動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞など重篤な病気を招く恐れがあります。
コレストロール値が気になる方は、ローヤルゼリーをおすすめします。ローヤルゼリーには、コレステロール値を下げる成分が含まれているのです。詳しく見ていきましょう。

コレストロールとは?

コレステロールは、その存在自体は体にとって必要なものです。そのため、「悪玉」と「善玉」とわけて呼ばれることがあります。しかし、悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールも実は、体に必要なものです。ではなぜ、「悪玉」と呼ばれるのでしょうか>

その理由は、LDLコレステロールが過剰に作られてしまうと、血管に付着することで血流が悪くなり、高血圧や動脈硬化を引き起こしてしまうからです。健康診断では、このLDLコレステロール値に注意しましょう。
補足ですが、LDLコレステロール値が低すぎる場合、過剰なダイエットによる栄養不足や甲状腺の異常を示していることがあります。

悪玉コレステロール値が高くなる原因は、やはり食生活や生活習慣です。肉や炭水化物中心で野菜や魚は食べない、お酒の飲み過ぎ、運動不足、ストレス、喫煙、不規則な生活など、コレステロール値だけの問題ではなく、健康的な生活とはいえません。

女性はコレステロール値が高くなりやすい

女性には男性とは異なる理由で悪玉コレステロールが増加してしまうことがあります。40歳代を過ぎて更年期と呼ばれる世代になると、悪玉コレステロールの値が高くなることがるのです。これは、コレステロールの調整と内臓脂肪を抑える働きを持つ女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が減少するためで、コレステロール値とともに中性脂肪も増えていきます。

コレステロール値を下げるローヤルゼリー

ローヤルゼリーには、悪玉コレステロールの増加を抑える作用を持つ成分が含まれています。ローヤルゼリーの特有成分である「デセン酸」は、女性ホルモン「エストロゲン」と同じ作用を持っていて、悪玉コレステロールの発生を抑えます。また、デセン酸は血圧を正常な状態に保つ働きと血糖値を下げるインスリンと同じような働きもあり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の予防に役立ちます。
さらに、ローヤルゼリーに含まれるビタミンB群の「パンテトン酸」は、善玉コレストロールを増やす働きがあります。

豊富な栄養成分が含まれているローヤルゼリー

ローヤルゼリーには、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など、40種類以上の豊富な栄養成分が含まれています。これらの成分が体へ相乗的に働きかけることによって、悪玉コレストロール値の低下をはじめ、中高年世代から気をつけたい生活習慣病の予防をサポートします。また、更年期の女性特有の不快な症状である更年期障害や骨粗しょう症の予防、肩こりの改善などにも効果があります。豊富な栄養成分が相乗的に作用し、体本来が持つ健康を維持しようとする力をサポートしてくれるため、体の根本から健康を目指す人に最適です。

まとめ

ローヤルゼリーに含まれる豊富な栄養成分が、コレステロール値の調整やそれによって引き起こされる生活習慣病を予防してくれます。ローヤルゼリーの摂取と、バランスのよい食生活、適度な運動を習慣づけ、いつまでも健康な体を維持しましょう。

トップに戻る