ローヤルゼリーの生タイプ、カプセル、糖衣錠、それぞれのメリット

ローヤルゼリーのサプリメントといえば、生のローヤルゼリーを瓶詰めしたタイプ、生ローヤルゼリーをカプセルに詰めたタイプ、生ローヤルゼリーを乾燥させて糖衣錠にしたタイプの3種類があります。それぞれの特長を見ていきましょう。

生ローヤルゼリー

生ローヤルゼリーは、文字通りペースト状のローヤルゼリーをそのまま瓶に詰めているものです。とれたてのローヤルゼリーを瓶詰めしているので、ローヤルゼリーの栄養成分をダイレクトに摂取できるというメリットがあります。その一方で、独特の酸味があり飲みやすいものではありません。また、劣化を防ぐため冷蔵庫で保管する必要があり、気軽に持ち歩くことはできません。ライフスタイルが合えば生ローヤルゼリーが最も効果を感じられるはずですが、ローヤルゼリーの摂取を習慣化するには不向きかもしれません。

カプセルのローヤルゼリー

飲みやすく、しかも持ち運びしやすくしたのがローヤルゼリーのカプセルタイプです。ソフトカプセルがローヤルゼリーの栄養成分を守っているので、賞味期限も長く保てます。独特の酸味を感じることなくローヤルゼリーを体の中へ届けることができるタイプです。

糖衣錠のローヤルゼリー

糖衣錠とは、糖分の膜で表面をコーティングした錠剤です。粉末状の乾燥ローヤルゼリーを固めたもので、一般的なサプリメントとしてのローヤルゼリーといえるでしょう。そのメリットはまず飲みやすさです。ローヤルゼリーの味を感じることなく一般的な薬のように飲むことができます。体の中でゆっくりと溶け出すので、大事な栄養成分を胃酸から守れるというメリットもあります。持ち運びも簡単ですから、外出先で気軽に摂取できます。また、高温多湿を避ければ、長期保存が可能です。糖衣ということで、糖分の摂取を気にする方もいますが、糖分不使用のコーティングを施している製品もあります。無理なく続けるには、糖衣錠が最適といえるでしょう。

まとめ

鮮度と栄養価にこだわれば生ローヤルゼリーが優位です。栄養成分をしっかり摂りながら飲みやすさと保存性を考えるならカプセルのローヤルゼリーか、糖衣錠のローヤルゼリーがおすすめです。配合されている副原材料も比較してご自分の健康状態に合ったものを選ぶとよいでしょう。、それぞれの特長がお分かりいただけたでしょうか。メリット、デメリットを比べながら、最適なローヤルゼリーを選んで、ムリなく続けることが大切です。

トップに戻る