更年期障害にはローヤルゼリーが効果的

イライラ、のぼせ、ほてり、不眠、疲労感...、40代以上の女性でこのような症状をお持ちの方は更年期障害かもしれません。そんなときは、ホルモンバランスを整えましょう。女性の場合、更年期と呼ばれる「閉経を迎える前後10年くらい」に、ホルモンが原因で体調不良に陥ることが多いのです。これが更年期障害というもので、さまざまな不快な症状を引き起こします。更年期障害が気になったら、ローヤルゼリーを試してみてください。ローヤルゼリーには、女性ホルモンを整えるための有用成分がたくさん含まれています。

更年期障害のカギを握る「エストロゲン」

更年期に不快な症状を引き起こす更年期障害とは、女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」と密接に関係しています。エストロゲンは、子どもの頃から卵巣で分泌されはじめ、その分泌量は30代半ばにピークを迎えます。これ以降、加齢とともに卵巣機能の低下に合わせ、エストロゲンの分泌が減り、40代半ばからは急激に減少するのです。
脳はエストロゲンを分泌するように指令を出すのですが、卵巣機能の衰えによって分泌されにくくなっており、脳が混乱をきたしてしまうのです。脳の分泌を指令する部分は、体温や脈拍、血圧、発汗などを調節する自律神経もコントロールしています。そのため、この混乱が自律神経にも伝わり、のぼせや冷えなど、更年期障害と呼ばれる症状が起きてしまうのです。
こうした症状を改善するには、ローヤルゼリーだけに含まれている特有成分が役に立つことがわかっています。

ローヤルゼリーだけの特有成分「デセン酸」

それは、ローヤルゼリーだけに含まれる「デセン酸」です。このデセン酸は、エストロゲンと同じような働きをして、不足した女性ホルモンを補う作用があります。このデセン酸の働きによって、ホルモンバランスが整い、更年期障害が改善されるのです。
さらに、ローヤルゼリーに含まれるビタミンのひとつ「アセチルコリン」は神経伝達物質といわれ、自律神経のバランスを整えます。また、ローヤルゼリーに豊富に含まれるアミノ酸は、女性ホルモンの分泌をサポートする働きがあります。このようにローヤルゼリーには多くの栄養素が含まれ、それぞれが適切な活躍をしてくれます。

豊富な栄養成分が相乗効果で働きかける

特有成分「デセン酸」をはじめ、ローヤルゼリーは、パーフェクトフードと呼ばれているほど、豊富な栄養成分を含みます。ビタミン(B1、B2、B6、葉酸など)、ミネラル(カルシウム、亜鉛、鉄分など)、人が体内だけで合成することができずに、食品として摂取する必要のある9種類の必須アミノ酸など、40種類以上の栄養成分が、健康維持のために相乗的に作用していきます。

まとめ

ローヤルゼリーは、ミツバチがつくる自然の健康食品です。その中には、女性ホルモンの働きを助けるデセン酸をはじめ、必須アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど、たくさんの栄養素が詰まっています。それらの成分がお互いに働きかけることによって、女性ホルモンの乱れからくる更年期障害を改善していきます。デセン酸が含まれるローヤルゼリーを飲んで、更年期をいつまでも若々しく、健やかな体で過ごしましょう。

トップに戻る