生ローヤルゼリーと調整ローヤルゼリーの違いとは?

豊富な栄養成分を含むローヤルゼリーには種類があります。人間の手を加えていないクリーム状の「生ローヤルゼリー」、そして生ローヤルゼリーの水分を抜いた「乾燥ローヤルゼリー」、添加物を加え、飲みやすくした「調整ローヤルゼリー」です。それぞれに栄養価、価格、製品に違いがあります。その特長をくわしく見ていきましょう。

生ローヤルゼリー

養蜂場で採取したローヤルゼリーをすぐにビン詰めにしたものです。そのまま舐めてみると発酵食品のような強い酸味や舌にピリッとした独特の刺激を感じることがあります。ハチミツではないので、甘味もありません。決して食べやすいものではなく、苦手と感じる人も多いのではないでしょうか。また保存がむずかしいため、正しく保存しないと、雑菌が入ったり、酸化が進んだりして大切な栄養成分が失われてしまう場合もあります。しかも高価であるときたら、デメリットばかりのように思えますが、栄養成分をダイレクトに吸収できるので、ローヤルゼリーの効果をしっかり感じたい方にとっては根強い人気があります。

乾燥ローヤルゼリー

生ローヤルゼリーから水分を抜いて乾燥させ、粉末状にすることで錠剤やカプセルなどへと加工しやすくしたものが乾燥ローヤルゼリーです。加工の製法によっては、ローヤルゼリーの栄養成分が壊れてしまっている場合があるため、選ぶ際には注意が必要です。栄養素を壊すおそれのある熱を加えない製法がよいでしょう。真空凍結乾燥法という製法であれば、多くの栄養成分を保ったままの乾燥ローヤルゼリーができます。生ローヤルゼリーよりは安価で、摂取しやすいのがメリットです。

調整ローヤルゼリー

生ローヤルゼリーや乾燥ローヤルゼリーに添加物を加えたものが調整ローヤルゼリーです。ただし、ローヤルゼリーの含有量が全重量の6分の1以上(生換算)ないと、ローヤルゼリー加工製品として認められません。コラーゲンやヒアルロン酸、プロポリスなどを加えたものも、調整ローヤルゼリーのひとつです。サプリメントのほかにも、ドリンクやキャンディなどに加工されたものもあります。手軽にローヤルゼリーを摂りたいときには便利です。

まとめ

ローヤルゼリーを選ぶには、製法や添加物をしっかり確認することが大切です。サプリメントとして飲む経口摂取や、化粧品として肌に塗る塗布摂取など、さまざまな用途によってローヤルゼリーの豊富な栄養成分を健康に生かしたいものです。ライフスタイルに合わせて、健康のために長く続けられるように自分にとって最適なローヤルゼリーを選びましょう。

トップに戻る