ローヤルゼリーと更年期の深い関係

ローヤルゼリーは、健康食品や化粧品として人気があります。その理由は、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など、豊富な栄養成分が含まれいるからです。特に更年期を迎えた女性にとって、ローヤルゼリーに含まれている栄養成分が効果的です。女性は40代を過ぎると、ホルモンバランスが乱れてきて体に変調をきたすことがあります。それが更年期障害です。ローヤルゼリーには、この更年期障害を改善するのに必要なホルモンバランスを整える成分が含まれているのです。

女性が悩まされる身体の問題、更年期障害

更年期とは、閉経を迎える前後10年くらいとされ、40代後半あたりからホルモンバランスが乱れはじめます。イライラ、のぼせ、ほてり、不眠、疲労感などといった体調不良に悩まされることがあり、これを更年期障害といいます。女性ホルモンのひとつ、エストロゲンの分泌が減少することが原因で生じます。エストロゲンの分泌が減ると、身体の体温や血流などを調節する自律神経が正常に働かなくなります。その結果、上記のような症状があらわれるのです。

更年期障害の症状に役立つのがローヤルゼリー

ローヤルゼリーは、ミツバチがつくる天然の栄養食です。女王バチだけが食べられる特別な食事で、生涯ローヤルゼリーだけを食べて過ごす女王バチは、働きバチと比べて一目でわかるほど体長が大きく、一生の間に毎日1500~2000個もの卵を産み続けます。寿命も働きバチの30~40倍も長生きします。ローヤルゼリーがこの驚異的な生命力を支えているのです。こうしたローヤルゼリーの力が、女性の更年期障害に働きかけ、つらい症状を改善していきます。
その理由は、ローヤルゼリーには、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など、健康に良いとされる成分が豊富であるとともに、女性ホルモンを整える上で大切な働きをする「デセン酸」が含まれているからです。

ローヤルゼリーの特有成分「デセン酸」とは

「デセン酸」は、ローヤルゼリーだけに含まれる特有成分で、エストロゲンと同じような働きをします。このデセン酸の働きによって、ホルモンバランスが整い、自律神経が正常に働きだすことによって、更年期障害が改善されるというわけです。
また、ローヤルゼリーに含まれるビタミンのひとつ「アセチルコリン」は神経伝達物質といわれ、自律神経を正常に保ち、その働きを活発化させるという働きがあります。さらに、アミノ酸には、女性ホルモンの分泌をサポートする働きがあります。
このように、ローヤルゼリーは特有成分である「デセン酸」をはじめ、さまざまな栄養成分が自律神経とホルモン分泌に働きかけ、更年期障害を改善してくれるのです。

まとめ ローヤルゼリーと更年期のいい関係

「ローヤルゼリーの豊富な栄養成分には、更年期障害を改善する力を持っている」ということがお分かりいただけたでしょうか。ローヤルゼリーは特効薬ではないので、更年期にさしかかる前から早めの摂取をおすすめします。ローヤルゼリーの価格は決して安いものではありませんが、さまざまな辛い症状のことを考えると、ローヤルゼリーを試してみることは、価値のあることです。誰にでも訪れる更年期を、ローヤルゼリーといい関係を結んで快適に過ごしましょう。

トップに戻る