糖尿病とローヤルゼリーの関係について

生活習慣病といえば、高血圧、脂質異常症、糖尿病などがあげられます。バランスの良い食事と適度な運動、規則正しい生活を心がけていれば、心配することはありませんが、忙しい現代社会においては、なかなかむずかしいものです。中でも、糖尿病は発症すると完治させることが困難で、しかも日本人は欧米人に比べ、遺伝的に糖尿病にかかりやすいといわれています。
日頃の健康に不安を感じたら、ローヤルゼリーをお試しください。ミツバチの作る天然の健康食品には、糖尿病にかかりにくい、健康な体へと導く栄養成分が含まれているのです。

糖尿病とインスリン

糖尿病のほとんどは、食べすぎや運動不足、そしてストレスといった生活習慣が要因で、すい臓から分泌されるインスリンの働きが悪くなって発症します。インスリンは、血液中のブドウ糖を筋肉や肝臓などへ取り込み、血糖値を下げる働きを持っています。これが少ないと、筋肉や肝臓に必要な栄養がいかないばかりか、高血糖の状態が続きます。高血糖が続くと、血管内が細くなる、詰まるなどして、動脈硬化を引き起こします。動脈硬化は、高血圧や脂質異常症といった他の生活習慣病をも招き、さらに深刻な状態へと悪化させる場合もあります。
最近、疲れやすい、慢性的にだるい、トイレが近い、口やのどが渇きやすい、傷が治りにくいなどの症状が気になったら、糖尿病の初期症状かもしれません。糖尿病は一度かかると一生付き合っていかなければならない病気です。そうなる前に、生活習慣の改善とローヤルゼリーで、糖尿病とは縁のない体づくりを目指しましょう。

ローヤルゼリーの特有成分である「デセン酸」

パーフェクトフードとも呼ばれるローヤルゼリーには、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など豊富な栄養成分が含まれています。特にローヤルゼリーにしか含まれていない特有成分である「デセン酸」は、インスリンと同じような働きがあります。また、ローヤルゼリーに含まれるビタミンB6は、すい臓がインスリンを生成する際に不可欠な栄養素です。
ほかにも、ローヤルゼリーは基礎代謝を高める、ストレスをやわらげる、悪玉コレステロールを減らすなど、さまざまな効用が認められています。糖尿病だけではなく、肥満や高血圧など生活習慣病が気になる方々の健康をサポートします。

まとめ

ローヤルゼリーは、体の変化を感じ始める40歳代から摂っていきたい栄養素がたくさん詰まっている天然の健康食品です。ただし、注意していただきたいのは、薬ではありませんので即効性は期待できません。糖尿病はまず、毎日の食事に気をつかうことが大切です。ローヤルゼリーは継続して飲むことで、ゆっくりと体本来の持つ健康を維持しようとする力を取り戻すためのサポートです。生活習慣病が気になりだしたら、毎日の健康習慣としてローヤルゼリーを始めてみてはいかがでしょう。

トップに戻る