ローヤルゼリーが人に必要な栄養をサポート

ローヤルゼリーは、数あるサプリメントの中でも、特にバランスの整った栄養成分が含まれているとして人気を集めています。その栄養成分とはどのようなものでしょうか?健康にいいということはわかっていても、詳しくは知らないという方も多いと思います。
今回は、ローヤルゼリーの栄養成分が私たちの健康にどう役立っているのかを解説します。

ローヤルゼリーに含まれる栄養成分とは?

女王バチのための特別な栄養食として働きバチが花粉などからつくる物質が、ローヤルゼリーです。
40種類以上の栄養成分が含まれていて、その成分の内訳は、水分約65%、たんぱく質・アミノ酸約13%、炭水化物約15%、脂質約3%、ビタミン・ミネラルなど約4%となっています。
ローヤルゼリーに含まれる栄養成分でまずあげられるのが、「アミノ酸」です。筋肉や内臓、髪、皮膚など、体をつくるもとになる成分で、人間の体内で生成できないため食事からとる必要のある必須アミノ酸と、非必須アミノ酸があります。
ローヤルゼリーにはこのアミノ酸が、10数種類含まれています。
つぎに「ビタミン」です。ビタミンB1、B2、B6といったビタミンB群、葉酸、さらにビタミンと同じような作用を持つビタミン様物質が含まれています。代謝を促す、血液の生成を促す、疲労回復などに効果があります。
さらに、リン、鉄、銅、マンガン、カルシウム、亜鉛、マグネシウムといった「ミネラル」は、貧血予防、新陳代謝の向上、骨の生成、抗酸化作用など、どれも健康的な身体には不可欠なものばかりです。
それぞれの成分だけのサプリメントは数多くありますが、ローヤルゼリーには、こうした栄養成分がバランスよく含まれていて、それぞれがお互いに働きかけ、相乗的な効果が見込めることが人気の理由といえるでしょう。

ローヤルゼリーの特有成分「デセン酸」

もうひとつ、ローヤルゼリーの栄養成分を語る上で欠かせないのが「デセン酸」です。
自然界では、このローヤルゼリーにしか含まれていない栄養成分で、このデセン酸の含有量がローヤルゼリーの品質の目安となっているほど、貴重なものです。
ではこのデセン酸は、どういった役目を果たすのでしょう。
まずひとつは、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと同じような作用を持っています。そのため、ホルモンバランスの乱れによって引き起こされる更年期障害を軽減させる働きがあります。
また、インスリンと同じような働きも持っています。血液中の血糖値を低下させることで糖尿病の予防に役立ちます。
ほかにも、肌の潤いを保つ、血中のコレステロールを低下させるなど、デセン酸にはさまざまな効果が認められています。
ローヤルゼリーにはこのほかにも、アンチエイジングや若返りに効果がある「類パロチン」や、抗酸化作用で活性酸素の発生を抑制し、アンチエイジングに効果がある「ビオプリテン」が含まれていいます。このように、ローヤルゼリーには、健康面はもちろんのこと、美容の面でも、私たちの健康を司る栄養成分の摂取をサポートする力があるのです。

まとめ

ローヤルゼリーの成分が、私たちに必要な栄養成分がふんだんに含まれていることがお分かりいただけたと思います。ふだんの健康維持のために、また、更年期障害、生活習慣病の予防としても、ローヤルゼリーの栄養成分が役に立ちます。ローヤルゼリーの成分を毎日摂り続けて、健康な毎日をお過ごしください。

トップに戻る