しじみエキスってどういうもの?

しじみエキスについて

しじみエキスという言葉を聞いたことがありますか?しじみをじっくり煮出すことで抽出される栄養分のエキスです。濃縮された栄養価は、飲みやすいように粉末や液体カプセルなどに加工されます。

しじみに含まれる豊かな栄養には、肝臓の働きを助ける効果が期待できますが、一粒のサイズは小さく、含まれる栄養素の量もわずかです。しじみから抽出されたエキスは、相当量のしじみから抽出されるため、凝縮された栄養を一度に摂取することができます。

しじみエキスの用途について

しじみエキスは健康食品や栄養ドリンク、サプリメントだけでなく、味噌汁などのインスタント加工食品にも使われています。「しじみ500個分のオルニチン入り」などと記載されている商品の原材料表記を確認してみましょう。しじみエキスやしじみエキス粉末などの表記が確認できます。

しじみエキスのメリット

健康のために良い栄養が豊富に含まれているとはいえ、毎日しじみを料理に使うとなると大変です。そんな時は、栄養が凝縮されたしじみエキスを摂ることで、しじみの栄養を効率よくとることができます。
また、肝臓に疾患がある方は、鉄の摂取量に注意する必要がありますが、しじみエキスそのものを摂取するのであれば、鉄の摂りすぎを心配することはありません。しじみエキスには水溶性のビタミン類やアミノ酸が豊富に含まれますが、不溶性である鉄は含まれないのです。

しじみエキスは自宅で作れる

生のしじみが大量に手に入ったら、しじみエキスを自宅で作ることもできます。栄養をしっかりと抽出するので、料理で使い切る自信がないのであれば、エキスを抽出して料理に応用すると便利です。

家庭できる!しじみエキスの作り方

しじみ3キロに対して水1リットルを用意します。
鍋で水を沸騰させ、砂抜きをしたしじみを加えます。
煮立たせるとアクが出てくるので、丁寧に取り除きます。
鍋が煮立って15分ほどたったら、しじみを取り出します。取り出したしじみの身には、鉄分などの不溶性の栄養素もたくさん残っているため、料理の具材として使うと良いでしょう。
とろ火で2時間ほど煮詰め、とろみが出たら栄養たっぷりのしじみエキスの完成です。
保存は瓶に詰めて冷蔵庫に入れ、味噌汁やいろいろな料理に活用してみましょう。

トップに戻る