しじみを使った簡単おつまみ

お酒としじみで肝臓に負担をかけない組み合わせ

お酒を飲んだ次の日には、しじみの味噌汁飲むと良いといわれるのは、しじみに含まれるオルニチンが肝臓の働きを助け、アルコールの分解を促進するためです。
お酒を飲むときのおつまみとしてしじみを食べると、肝臓を守りながらお酒も楽しめるので一石二鳥です。ここでは、簡単に造れて美味しいおつまみのレシピをご紹介します。

しじみのおつまみレシピ

ねぎたっぷりしじみの酒蒸し

<材料(二人分)>
しじみ 400g
昆布 10cm
水 100cc
酒 50cc
醤油 小さじ1
万能ねぎ 適量

<作り方>
しじみは砂抜きをしておく
昆布は、固く絞った布巾で表面をサッと拭く
深さのあるフライパンに水と昆布を入れ、30分程置いておく
中火にかけ、沸騰直前で昆布を取り出し、しじみと酒を入れて蓋をする
あくが出たら取り除き、しじみの殻が開いたら醤油を加えて味を整える
小口切りにしたねぎをたっぷりのせて、完成

しじみのにんにく醤油煮

<材料(二人分)>
しじみ 300g
にんにく 1片
しょうが 1片
唐辛子 1本
醤油 大さじ1
みりん 大さじ2
酒 小さじ2
豆板醤 小さじ1/2

<作り方>
しじみは砂抜きをしておく
にんにくとしょうがは薄くスライスする
唐辛子は種をとり、小口切りにする
しじみ以外の材料をすべて鍋に入れて煮立たせる
沸騰したらしじみを加えて蓋をする
しじみの殻が開いたら完成
仕上げに、小口ねぎや白髪ねぎをトッピングすると見た目がキレイです

しじみのピリ辛味噌炒め

<材料(二人分)>
しじみ 200g
長ねぎ 1/2本
にんにく 1片
しょうが 1片
味噌 大さじ2
一味唐辛子 適量
花山椒 適量
酒 大さじ3
ゴマ油 大さじ2

<作り方>
しじみは砂抜きをしておく
長ねぎとしょうが、にんにくをみじん切りにしておく
フライパンにゴマ油をひき、にんにくとしょうがとねぎを加えて香りを移す
しじみと酒を加えて、蓋をする
しじみの殻が開いたら味噌と一味唐辛子を加えて、溶かしながら炒める
仕上げに花山椒を好きなだけ振りかけて完成

しじみの中華炒め

<材料(二人分)>
しじみ 400g
にんにく 1片
長ねぎ 1/2本
酒 大さじ3
醤油 大さじ1
オイスターソース 大さじ1
サラダ油 大さじ1
ゴマ油 小さじ1

<作り方>
しじみは砂抜きをしておく
にんにくとしょうが、長ねぎをみじん切りする
フライパンでサラダ油を温め、にんにく、しょうが、長ねぎを入れて炒める
しじみと酒を入れたら蓋をして蒸す
しじみの殻が開いたら、オイスターソースと醤油、ゴマ油を入れる
よく絡めたら完成

トップに戻る