プロポリスを摂取する時の注意事項

プロポリスは非常に優れた健康食品として、多くの方に愛されています。
しかし人によっては、摂取方法に注意が必要なこともあります。

まず、プロポリスの効果を早く実感したいということで、過剰摂取をしてはいけません
体調が優れないときに、多めに摂取すると良いとされていますが、あくまでも摂取目安量の範囲内でのことです。
過剰摂取することで、かえって身体に負担をかけてしまい、体調を崩してしまうことも多いので注意が必要です。
また、過剰摂取をしたからといって、劇的な効果が出ることもありません。
2~3日大量に摂取をするよりも、1か月少量ずつ続けたほうが、高い効果が出るのです。

プロポリスは、ミツバチが自然界から集めてきた樹脂や木の芽などによって生成されています。
そのため、プロポリスを摂取することでアレルギーを発症してしまうことも稀にあります。
花粉症の方やアレルギー体質の方は、摂取前に医師に相談したり、初めて摂取するときは少量ずつからはじめていって、アレルギー反応が出ないことを確認することが大切です。

プロポリスを摂取しない方が良いのは授乳中や妊娠中の方です。
美容効果が高いために、女性の方に好まれているプロポリスですが、授乳中や妊娠中はホルモンの関係で身体が過敏になっています。
普段は大丈夫であっても、過敏な状態で摂取すると、何らかのアレルギー症状が出たり、体調が崩れやすくなってしまったりすることもあります。
そのため、授乳中や妊娠中はプロポリスの摂取は控えたほうが安心です。

よく、子どものプロポリスの摂取について悩まれる方も多いようですが、乳幼児でなければ、基本的に子どももプロポリスを摂取しても大丈夫です。
免疫力を高めて風邪やインフルエンザを予防することができるので、むしろ風邪の流行る時期などは積極的に摂取すると良いかもしれませんね。
ただ、子どもはアレルギーなどを起こしやすいため、初めて摂取するときは少量からはじめていくようにしましょう。
またこちらのプロポリスの副作用についての記事も必見です。