プロポリスのど飴の効果効能と使用上注意点とは?

プロポリスには、数多くの効果効能があります。
そのなかの作用を大きく分けると、殺菌抗菌作用・抗酸化作用・抗炎症作用・免疫力調整作用の4つに分けることができます。
蜂の巣を守る役目も担っているプロポリスは、余計なものを排除する働きがあります。

このように、たくさんの効果があるプロポリスは、のどの痛みや風邪にも効果が期待できます。
のどが痛くて咳が止まらないなどの症状があると、なかなか集中できず、とても辛いものです。
そこで、活躍するのが、プロポリスのど飴です。
見た目は普通ののど飴ですが、味に特徴があります。
はちみつを濃縮した感じの味ですが、それよりも、びっくりするのは何といっても、その独特のビリビリとした刺激と舌に感じる辛さです。
少しピリッとしますが、のどを強力に殺菌してくれるので、効果てきめんです。

このように、身体にいい作用が多いプロポリスですが、そこで気になるのは、副作用とは言わないまでも、その使用上の注意点です。
まず、プロポリスを摂取すると、人間の体に好転反応という現象が起きます。
この反応は、活性酸素が発生することを止めたり、血液の流れを良くしたりするものです。
この過程で、人によっては動悸が激しくなったり下痢になったりすることがあります。
アレルギーをお持ちの方や、妊婦さん、乳幼児なども摂取を控えたほうが無難でしょう。
また、蜂アレルギーの方も控えたほうがよいとされています。
その他に、体力がいちじるしく低下している場合や、胃腸が弱っているときもお勧めはできません。
副作用が起こる可能性が高いことが理由です。
また、皮膚炎があらわれた際には、医師と相談して、用法と用量を守って使用していくと良いでしょう。

プロポリスは、たくさんの良い効能があるので、ぜひ使用上の注意点を守り、より健康な身体と豊かな生活を手に入れることができるでしょう。

トップに戻る