プロポリスを摂取してはいけない人は?

プロポリスは免疫力を高めたり、健康を増進したりと非常に嬉しい効果をたくさん期待することができる健康食品です。
薬品とは違うために、プロポリス摂取に関してはそれほど強い規制はありませんが、場合によっては摂取に注意が必要なこともあります。

まず、プロポリスはミツバチが運んでくる樹脂や木の芽などが元になって生成されています。
そのため、花粉症やアトピー、喘息といったアレルギー体質の方は、プロポリスを摂取することでアレルギー症状が引き起こされる可能性があります。
心配な方は、摂取前に一度かかりつけの医師に相談すると良いでしょう。
また、初めて摂取するときは、最初は少量からはじめていき、問題無いことが確認できてから量を増やしていくようにすると安心ですね。
プロポリスは自律神経を整えて免疫力を高めてくれる効果があるために、アレルギー症状の緩和には効果的であるといわれています。
しかし、プロポリス自体がアレルギーを引き起こす原因になってしまっては意味がありませんので、摂取するときは自分の体調や状態をチェックしながら摂取していきましょう。

プロポリスは、女性に嬉しい美容効果を多く期待することができるため、女性の愛用者も多いのではないかと思います。
そんな女性の方が気になるのは、薬や健康食品などの摂取に気を遣う、授乳時や妊娠中のプロポリスの摂取が可能であるかどうかということでしょう。
実際、プロポリスには免疫力を高めてくれる効果があるために、薬をむやみに使えないこの時期には、ぜひプロポリスを摂取したいものですが、授乳中や妊娠中の身体というのは、非常に過敏になっています。
そのため、普段は大丈夫なのに急にアレルギーに反応したり、ちょっとしたことで体調が崩れやすくなったりします。
こうしたことを考えると、アレルギーの可能性があったり、自律神経などに作用する成分が入っていたりするプロポリスは、あまり積極的に摂取しないほうが良いと考えられています。

では、子どもや年配の方の摂取はどうなのかというと、これは健康増進のために推奨されています
子どもは乳児でなければ大丈夫です。
特に、風邪のときや、インフルエンザの流行シーズンなどは、体調を崩さないようにするためにも積極的に摂取すると良いでしょう。
ただし、特に子どもはアレルギー反応が起こりやすいために、初めて摂取するときには気を付けてあげましょう。

またこちらの記事には知っておきたいプロポリスの主成分についても書かれています。