プロポリスで花粉症対策

花粉症は、多くの日本人が悩まされているスギ花粉などによる過剰なアレルギー反応です。
花粉症の症状が重くなるのは、花粉が付着した肥満細胞が炎症の関連物質を出してしまうことで鼻づまりになり、ヒスタミンという物質を分泌するとくしゃみや鼻水に悩まされることになります。
このような症状が、プロポリスを摂取することで過剰反応を起こさせる物質の分泌量が抑えられたという研究結果がでています。

なぜ、プロポリスがこのようなアレルギー反応に効果が得られるかというと、プロポリスに含まれる成分の抗炎症効果により鼻の粘膜の炎症を抑え、過敏反応になってしまった鼻粘膜の状態を安定させるからといわれています。
実際の研究でも、プロポリスの摂取によって炎症の関連物質の分泌が抑えられ、高濃度のプロポリス摂取によりヒスタミンの分泌が抑えられたといいます。
花粉症対策のための摂取量の目安は、1日300mg以上のプロポリス摂取が有効という結果もでています。

この花粉症対策のプロポリス摂取には、錠剤が研究では使われていますが、プロポリス液を綿棒に付け鼻の粘膜に少量塗布するのも効果的であったという経験談もあります。

このように花粉症対策として有効なプロポリスですが、プロポリスそのものがミツバチによって樹液や花粉から作られている物質です。
ですからプロポリスそのものにアレルギーが出てしまう人もいます。
花粉症の人は、いきなりプロポリスを摂取するのではなく、少量から試してみるとよいでしょう。

トップに戻る