プロポリスには抗がん作用がある

多くの健康効果を期待できるということで、愛用者もたくさんいるプロポリス。
プロポリスには、抗菌作用などがあるため、免疫力アップや風邪予防にも効果的であるとされています。
そんなプロポリスですが、実はガンにも効果があるということがわかってきています。

ガンは日本人の死亡原因の第一位である病で、2人に1人がガンになるといわれているほど私たちにとって身近で恐ろしい病です。
ガンは、一部のものを除いて、身体の外からやってくるのではなく、私たちの細胞が突然変異を起こして生み出されます。
実は、健康な人でも毎日数千個のガン細胞を生み出しています。
それを身体の中の免疫が排除してくれるため、私たちの身体でガンは増殖していかないのです。
しかし、生活習慣の乱れや加齢などによって免疫力が低下することで、ガンを排除することができなくなり、ガンになりやすくなってしまうのです。

ガンの治療といえば、抗がん剤治療や外科手術ですが、実際病院で行われる治療はこれらの方法がメインとなっています。
しかし、これらの方法は私たちの心身にも大きな負担やダメージを与えることになります。

前述したように、私たちの身体の免疫力には、元々ガンを排除する力があります。
その免疫力を高めることによって、抗がん剤治療や外科手術をしなくても、ガンを治療することができるのではないかと考えられています。
プロポリスには、免疫力を高める作用の他にも、痛みや心身の苦痛を取り除く効果があるということがわかっており、ガンの末期患者が摂取することで、日々の生活を少しでも楽にしてあげることができます。

ただし、まだプロポリスのどの成分がガンに効果を発揮しているのかということなど、詳しいことはわかっていません。
また、あくまでもプロポリスは健康食品であって、薬品ではありません。
そのため、すべての方に同様な効果が得られるというわけでもありません。
ですから、自身の身体と相談しながら、生活の質を高めるための補助的なものとして使用していくことが好ましいと考えられます。

トップに戻る