[選び方] 良質なプロポリスの条件

プロポリスの優れた健康パワーを実感する為には、良質なサプリメントを選ぶことが絶対に欠かせない条件です。
有用成分が確保されていないサプリメントを飲んでもなかなか満足レベルは高まりません。

その為、製品選びを間違えてしまうと「プロポリスを飲んでみたのに効果なし…」ということになってしまうケースもあります。
しかし、プロポリスは非常にパワフルな健康素材ですので、製品選びが上手くいけば健康維持や美容、エイジングケアにしっかりと活用することができます。

そこで、このページでは良質な製品を見極める為に欠かせない「品質の見極め方」を説明します。
参考にご覧ください。

産地(ブラジル産がオススメ)

品質を見極める際に最も優先してチェックしたいポイントが「産地」です。
プロポリスは天然由来の物質であり、その作り手はミツバチです。
その為、産地が違うと以下のような差が生じます。

・ミツバチが集めてくる原材料の違い(周辺環境の植物相)
・蜂の種類の違い

産地ごとに上記のような項目が異なるので、含有成分にもハッキリとした違いが表れるのです。

最も優秀な産地として評価されているのはブラジルです。
ブラジルには、アレクリンドカンポやバッカリスドゥラクンクリフォリアなどの南米固有のハーブが自生しています。

これらを起源植物として作られたプロポリスには、桂皮酸誘導体やフラボノイドが非常に豊富に含まれます。
その為、美容にも健康維持にも優れたパワーを期待することができるのです。

また、ブラジル産のプロポリスの作り手となっている蜂種が、キラービーとも呼ばれる強い攻撃性を持った「アフリカナイズドミツバチ」であるという点もポイント。
アフリカナイズドミツバチは、その強い攻撃性・防衛力から、殺菌作用に優れた力強いプロポリスを作り出すのが特徴です。

これらの条件が揃っていることから、ブラジルは世界で最も優秀な産地と評価されています。

含有量(豊富な製品を選ぶ)

含有量が多いか少ないか…というポイントもチェックしておきたいポイント。
十分な含有量を確保している製品を選びましょう。

せっかくブラジル産のプロポリスを使用しているサプリメントでも、含有量が少ないものはNGです。
含有量が豊富な製品ならしっかりと実感にアプローチすることができます。

一日あたり200mg程度の含有量を確保しているサプリメントがおすすめです。
この基準をクリアしている製品なら、健康維持にも美容にもしっかりと結果を期待することができるでしょう。

ずばり、おすすめの製品としては、山田養蜂場のプロポリス300が挙げられます。
この製品には、一日あたり226.8mgのブラジル・ミナスジェライス州産プロポリスが配合されています。
しかも、シソ油などの副原材料をプラスすることによって満足度を高めているのもポイント!
コストパフォーマンスに優れたおすすめアイテムです。

抽出方法(三種抽出法を選ぶ)

抽出方法もチェックしておきたいポイントです。
抽出方法とは、原材料である固形のプロポリスをエキスにする段階の加工方法のこと。
加工の中で最も重要なステップです。

一般的な抽出方法としては、アルコール抽出や水抽出、超臨界抽出などが挙げられます。
これらにはそれぞれメリットとデメリットがあり、取り出しやすい栄養素と取り出しにくい栄養素があります。
その為、一概にどれがオススメと評価することができません。
(※アルコール抽出は比較的ポピュラーな抽出方法とされていますが、大きく秀でているという訳ではありません。)

そんな中で、オススメとして評価したいのが三種抽出法という加工技術。
アルコール・水・超臨界の三種類を組み合わせて、良い部分を引き出した理想的な抽出方法です。
この三種抽出法を採用しているサプリメントなら、プロポリスの持つ栄養素を無駄なく取り出すことができています。

三種抽出法を採用している製品としては、山田養蜂場のプロポリス300薬院オーガニックのプロポリスなどが挙げられます。

トップに戻る